思いつきもせず突発的に起こってしまうのが交通事故です。

ここで何をどうやって判断する結果で、自動車の保険金の受け取りもかなり大きく変わってくる場合も予想できますので冷静な考えと行動力が必要です。

予想外の出来事にあって平静さを失ってしまうのならば大切な対処を見逃してしまい、後々かなりの損を受ける状況も予測できるので交通事故をしてしまった場合には落ち着いて以下に記述した対応を行いましょう。

自動車の事故の遭遇した場面で最初にするべきは怪我をした人がいるかどうかの確認です。

自動車事故の後すぐは動揺して喪心状態になってしまう状況がありすぐには動けないのが普通です。

その場合、怪我をした人がいた場合には危険が少ない地点へ移して応急な手当をし周囲に助けを求めるなどして怪我人最優先に努めることが重要です。

119番に電話をする時ははっきりと場所を告げて不明確な状況では周りの目立つ建物や町名を伝えて事故が起こった地点が判断できるようにします。

次に警察署に通報し自動車事故が発生したことと状況を話します。

救急車と警察が来るのを待っている間に負傷者の内容を調べます。

姓名、連絡先、ナンバープレートの番号、事故の相手の保険会社名等それぞれの身元を教えます。

この時事故の相手方に非が存在する状況では現場で結論を出そうとすることがありますが結論を出すのではなく、どのようなケースだとしても110番や保険屋さんに知らせて公平に調査してもらう事が大切です。

各々の内容を交換したら他者の妨害になるのを避けるために妨げとなる物道路から取り除きます。

もし障害となった物が交通の障害となっている時には自分と相手の情報交換をするより先にそれを終わらせてしまっても構いません。

次にあなたが保険会社に知らせ、自動車の事故が起きた事を告げます。

自動車事故から特定時間内に自動車の保険会社に電話を入れておかないと、自動車での事故の保険の適用外となる場合もありえますのでできるだけ素早く連絡することが欠かせません。

また事故の現場の証拠になるようにタブレットなどを使って事故現場や事故車の破損状態が分かる写真をを撮っておきます。

それは過失のパーセンテージ決定するとても大きな役割とできるので、あなたの愛車や相手の愛車の状態をきちんとカメラに残しておくことが重要です。

この場面で目撃した人がいたならば警察の人や自動車保険会社が着くまで現場にそのままいて頂けるようにお願いするのも大切です。