愛車を手放す場合や、そして愛車の売却の際も印鑑証明が必要です。

それではこの印鑑証明に関して説明しましょう。

印鑑証明という書類は、その印鑑が実印であることを実証する目的を持つ書面です。

この印鑑証明がなければその印鑑に関して実印として効力を持つことが裏付けられません。

決して小さくない商談になる中古車の買い取りなので実印が要ることになりますがそれと一緒に印鑑証明書が登場します。

この印鑑証明を実際に発行するにはあらかじめ印鑑証明の手続きをすることが必要です。

登録する印は実印と呼ばれ、同じものが二つとないはんこであることが条件です。

この印鑑を準備して自分が住む市町村役場の案内係へいけば、印鑑登録の手続きができます。

印鑑登録の手続きが完了すると、印鑑登録カードを発行してもらえて印鑑登録手続きをした印は実印ということになります。

印鑑証明を発行してもらうには、市町村役場の受付へ行き専用の用紙に必要事項を埋めて、印鑑登録カードを提示するだけでできます。

そして自動交付機でも印鑑証明を発行することができます。

印鑑証明そのものには期限切れなどはないのです。

そのため、いつ取得した印鑑証明でもその効力は消えないのです。

しかし、クルマ買取の時は必須条件として三ヶ月以内に交付されたものが有効とされています。

通常は有効期限などはないのですが売却の際には買い取り先が有効期限を決めているのでもし車買い取りを検討しているのであればあらかじめ持っておくことが必要です。