車の保険には任意保険あるいは自賠責保険といった2つの種別が存在します。任意保険、自賠責保険ともにまさかのトラブルに備えたものですが条件は細かな点で違います。自賠責保険と任意保険においては補償の対象となる条件が多少異なってきます。※相手に対しては「任意保険」「自賠責保険」の両方で補償されます。※自分自身には『任意保険』を用いて補償されるよう取り決められています。※自己の財産に対しては『任意保険』で補償します。自賠責保険単体では、自分への怪我や自動車への賠償などのサポートは受ける権利がありません。続いて相手方に対するサポートですが自賠責保険であれば亡くなった場合は上限額三千万円、後遺障害時最大額で四千万円などといったように決まっています。しかし賠償額が前に挙げた額面を上回ることはよくあることです。また事故の相手の所有する愛車あるいは家屋を毀損してしまった際には、害を加えた者の自己賠償となると定められているのです。そのようなわけで任意保険という別の種類の保険が重要になるのです。被害者に対する救済を重視する任意保険という制度ですが、それとはまた違う内容が用意されています。※事故の相手へは死亡時や傷害の他にも愛車もしくは不動産というような財産を補償するのです。※自分自身に対しては一緒に乗っていた人も含め、死亡時もしくは傷害を賠償してくれます。※自分の所有する財産については車を賠償するのです。このように種々の面について補償がしっかりしているのが任意保険というもののストロングポイントです。月々の掛金の支出は必須とならざるを得ませんが、事故に巻き込まれた時の相手方のためにも自分を守るためにも車両に余計な心配を抱くことなく乗りたいのであればぜひとも任意保険というものにお世話になっておくに越したことはありません。